ビデオ編集タイトル
ビデオトップ 会社概要 ビデオ撮影 ビデオ編集 8mmテレシネ ビデオダビング 問い合わせ
 
  ダビング内容  
ダビングTOPページ
制作の流れ
ビデオテープの種類
テープメンテナンス
 ビデオテープの修理
費用・送料
制作費用(料金)
送料の詳細(配送)
お問い合わせ・他
お問い合わせ
個人情報について
 
 
ビデオテープに残した大切な記録を、デジタル変換しDVDブルーレイに保存制作致します。お手持ちのVHS・VHS-C、ベータ、8mmビデオ・Hi8、miniDVテープを、当社の最新技術で短期間で綺麗な映像に仕上げます。尚、作業にあたりお客様のプライバシーは十分に配慮致しますのでご安心下さい。
アナログ&デジタルテープ
1976年日本ビクターが開発した家庭用ビデオ規格であり、ソニーのベータマックスとの長い規格争いを制して、実質VHSが世界統一され、一般家庭用ビデオの標準的存在となったテープです。
1975年、ソニーが家庭用ビデオ規格としてベータマックスを発表、家庭用ビデオの普及に大きく貢献した、その後VHSとの市場競争に敗れ2002年生産終了。画質のよさでマニアには定着していた。(β1.β2.EDベータ)
ビデオカメラのポータブル化に伴い、上記VHS標準テープの1/3の小型テープです。通常のビデオで再生する場合は、ダプターの中にVHS-Cカセットを入れることにより、VHS標準のサイズとなり再生可能となります。
ビデオカメラのポータブル化に伴い、テープ幅8mmでVHS-Cよりも大幅に小型化され、ソニーハンデイカム、パスポートサイズとして広く普及、但し映画などのソフトテープには普及せず撮影用テープとして広まった。(画質を高めたHi8対応)
1994年家庭用デジタルビデオ規格として発表、テープ幅は6.35m小型軽量と高画質で家庭用ビデオカメラの市場は一気にDV方式へと移った。その後、一部でHDVハイビジョン用としても採用されたが現在ではメモリーカードに変わりつつある。
その他 この他業務用テープとしてべーカム.M2 DVCAM .DVCPRO.などが有ります。(べーカムは現在対応しておりません)
テープの保存状態の確認
トラブル防止の為、テープのキズ・テープ切れなど保存状態をご確認下さい。

複数のテープ
複数のテープを依頼される場合は、DVDブルーレイを制作する順番を記入して下さい。

映像編集について
スタンダードDVDブルーレイでは、映像の編集は出来ませんが、オーサリングによる制作では映像編集が可能です。
映像の編集及び立会い編集を希望される方はこちら、映像編集

テープメンテナンス
テープが切れている場合には、お客様の確認を得たうえで修理致します。 修理

テープ持込受付
元テープの持込受付時間は、午前10:00〜午後8:00までとさせて頂きます。但し事前に連絡いただければ時間の対応を致します。

ビデオテープの修理(メンテナンス)

ビデオデッキは精密機械であり、長い期間使用するうち、まれにテープの巻き込みによるトラブルが発生致します。この様な場合に発生するテープのよじれや切断などを応急修理いたします。但し修理箇所のテープを切り取って修復する為、その部分の映像がカットされる事をご了承下さい。
 
ビデオテープの保存状態によりカビが発生した場合、クリーニング致します。但しカビの発生状態によっては修復出来ない場合もありますのでご了承下さい。
 
作業にあたりお客様のプライバシー及び、個人情報は十分に配慮致しますのでご安心下さい。
 
トップページビデオ撮影ビデオ編集ビデオ上映WEB配信テレシネダビングお問い合わせ